←把駐力とは???

 

 

 

 

~Ryojiオリジナル唐人アンカー~

 唐人アンカーは兼用イカリの代表で、岩礁での取り回しは爪アンカーには及びませんが、砂地ではしっかりと潜り込み、大きな効果を発揮します。そのためにはチェーンの併用も効果的です。

 しっかりと海底に寝かし、浮き上がらないように操作すると、アンカー重量の15倍以上の把駐力(砂地での止める力)が期待できるよう、長年の経験から設計しております。

 

 画像では「板の向きが逆???」と思われるかもしれませんが、高価と見た目は逆なのが唐人の面白いところです。

また、折り畳みが可能なのも、大きな特徴の1つです。

 

 

   

対岩礁 ★★

対砂地 ★★★★

呼び名/サイズ等 重量 ※1 全長 ※1 適応Ft  ※2 把駐力 ※3
 RST-7 7kg 83cm ~24ft 107kg
RST-12 12kg 100cm ~30ft 230kg

※1 製作誤差や品質改善などにより、多少前後する場合がありますので、「約」ということで、予めご了承ください。

※2 適応Ftは海域・天候・装備・船体形状などによって大きく差が出る為、1つの目安としての参考までに、ご検討ください。

※3 砂地での独自試験の結果での、最大値を記載しております。単位は分かりやすいようにkgを使用しています。

 

※ 上記表にないサイズもオーダー製作可能な場合がありますので、是非1度お問い合わせください。

 

※製品改良のため、予告なくデザイン・設計変更する場合がございます。予めご了承ください。

 

※ チェーン併用の場合、チェーン太さはイカリ重量が4kg以下の場合は6mm、4kgを超えるイカリには8mm以上を推奨しております

チェーンの必要性・効果・推奨長さ等についてはこちらにてご案内させていただいております。

 

お問い合わせは下記までよろしくお願いいたします。